【Angular2】ngModel以外での双方向バインディングのやり方

Angular2で双方向バインディング(Two-way binding)を使う時は大体コンポーネント内でngModelを使うかと思います。 でも実はngModel以外でも簡単に双方向バインディングを実装できます。 Angular2では双方向バインディングの機能が元々実装されているので、@Output()で送り返す変数名を@Input()で受け取った変数名の後にChangeを入れて***Changeにするだけで実装できます。

【Angular2】Angular2でjQueryを使いたいときのメモ

Angular2を使っていればjQueryを使う必要はほぼありません。 でももしかしたら業務上しかたなく過去の遺産であるjQueryPluginを使うかもしれません。 そんな時のために簡単にAngular2とjQueryを共存させる方法をまとめておきます。