【ぼっさんのJenkins講座】マスタースレーブを体験しよう – Job実行編

ノード機能を用いてJenkins(マスター)からスレーブマシンへSSHでログイン、ジョブ実行ができるようにするシリーズ。 最終回であるこの記事では「Pipeline Script」を使って、ノード管理で登録したスレーブマシンで処理を実行します。

Pipeline Scriptシンタックスメモ

Pipeline Scriptでよく使うものをメモ。

引数にノード名やラベル名を指定することで、明示的にジョブの実行先を指定できます。
 node { ... } node("slave1") { ... }