AngularJSでレスポンスヘッダを扱う時のメモ

AngularJSでngRouteを使いページの中身だけ更新をかけている場合、セッションのタイムアウトなどでログアウトしてしまい中身が何も無いページが出てしまいます。 そこでレスポンスヘッダにログインステータスを仕込み、ページ遷移時に毎回ログイン状態を確認しタイムアウトしていたら自動的に認証ページへ飛ばすようにした時の自分用メモ。